エボラ出血熱の患者の搬送中に、防護服ナシの男が撮影され全米が恐怖に包まれる!!

エボラ出血熱の発症患者搬送では、通常二次感染を防ぐため、患者や看護師は防護服を着用します。しかし、ABC Newsで報道された動画に、防護服を身につけていない男性が映りこみ、代わりにクリップボードを持っていることから、「クリップボードマン」と呼ばれ、海外で話題になっています。先進国でも感染が拡大しつつあるため、「クリップボードマン」は全米を恐怖に陥れましたが、ABC Newsによると、彼は医療機関の監督者で、感染の危険はないと言います。エボラ出血熱は飛沫感染なので、患者に直接触れなければ感染しないとのこと。患者の治療に従事する医療関係者は防護服を着用していますが、防護服だと視界や動きが制限されるため、防護服を着用した関係者の移動先に危険物がないかどうかの確認や口頭での指示を行うために、防護服を着用しない監督者が必要になるとのことです。

ライブドアニュース

ピンフ

この動画が気に入ったら

7,679 views
ランダム再生 ランダム再生