「トゥレット症候群」を知ってる?意図しない発声や動作をしてしまう、理解されにくく誤解や偏見を招く難病です。

症例は33秒から。「トゥレット症候群」という神経精神疾患をご存知でしょうか?トゥレット症候群には「音声チック」と「運動チック」があります。

 

「運動チック」は顔面の素早い動き(まばたき、顔をしかめるなど)、首を振る、腕や肩を振り回す、体をねじったり揺すったりする、自分の体を触ったり叩いたりする、口の中を噛む、他人の身体や周囲のものなどにさわる、などがあります。

 

「音声チック」は咳払い、短い叫び声、汚言症(罵りや卑猥な内容)、うなり声、ため息をつくなどの症状があります。

 

誤解や偏見から社会に馴染めず、二次障害としてうつ病を発症してしまう方も多くいるといいます。

「トゥレット症候群」のメカニズムはまだ解明されておらず、治療法も確立されていません。このような病気があることは認知されているべきだと思います。人々の理解が必要とされています。

 

参考)Wikipedia

トンプー

この動画が気に入ったら

13,485 views
ランダム再生 ランダム再生