【実験】思ったのと違った!-196℃の液体窒素の中に缶コーラを入れてみた結果、、!

-196℃という超低温の液体窒素の中に中身が入ったままの缶コーラを入れて見た実験動画。はじめは何ともないですが、しばらくすると中身のコーラが勢いよく漏れ出てきてしまいます。超低温でアルミ缶が脆くなり、コーラの内圧に耐えられなくなってこのような結果になったのだと推測されています。YouTubeには「コーラが美味しそうだった笑」「この温度まで下がると金属は低温脆化して強度が無くなる」などのコメントが寄せられています。凍るのかと思っていたので、ちょっとびっくりしました^ ^;

ピンフ

この動画が気に入ったら

7,623 views

スポンサードリンク

ランダム再生 ランダム再生