トライアスロン五輪金メダリストが、勝利を捨てて見せた兄弟愛に世界が感動!!

20秒あたりからどうぞ。メキシコで行われた「ワールドトライアスロンシリーズ最終戦」で、2度の金メダルを獲得したアリスター・ブラウニー選手の兄弟愛溢れる行動が話題になっています。彼の弟で、オリンピック銀メダリストのジョナサン・ブラウニー選手は、最も過酷と言われるトライアスロンのレース中、ゴールの400メートル手前で意識朦朧とし、フラフラとしてしまいます。すると、なんと後から来たアリスター選手が弟のジョナサン選手を励まし、肩を抱き走り始めたのです。最後は、弟のジョナサン・ブラウニー選手を先にゴールさせてあげ、戦いは幕を閉じました。勝利よりスポーツマンシップを優先したアリスター選手の行動が「こんな感動的な展開は見たことがない!」など世界中で絶賛されています。素晴らしい兄弟愛ですね!

ピンフ

この動画が気に入ったら

5,385 views

スポンサードリンク

ランダム再生 ランダム再生