中村俊輔選手に闘病の一番辛い時期に生きる勇気をもらった少年。「直接お礼が言いたい」という夢がサプライズ成就!!

ユーイング肉腫という難病と闘う川西健太さん(17歳)。以前、闘病の一番辛い時期に、父親が横浜Fマリノスに電話し、次のように語ったといいます。「息子は小さいときからずっと中村選手に憧れ、サッカーを頑張って来ました。今、大変な病気と闘っています。どうか彼を勇気づけてください。」

 

するとその話を聞いた中村選手から、なんとサイン入りユニフォームが届きました。そのユニフォームがまさに健太くんの生きる力となり、病気に立ち向かうことができました。

 

今は、日本代表入りを目指して、練習に励んでいる健太さん。夢は「憧れの中村選手にお礼を言いたい」というもの。撮影当日、中村選手が来ることを知らされていない健太君の反応は?続きは動画でどうぞ。

ピンフ

この動画が気に入ったら

6,068 views
ランダム再生 ランダム再生