プロジェクターなどの廃材で、強力すぎる「レーザーバズーカ砲」を作ってしまった青年が話題に!!

照射は1分40秒くらいから。スクラップの電子機器で様々なレーザー機器を自作しているstyropyroさんが、この度めちゃめちゃ強力なモバイルレーザー銃を作り話題になっています。廃材のプロジェクターのレンズを使い、大量のリチウム電池のパワーで、出力はなんと200W!一瞬見ただけでも失明してしまうほど強力だとのこと。「こんなものを作って何の意味があるの?」と思う人もいるかもしれませんが、遊び心は発明の神です。この青年の技術は、何か地球生命体に有用な使い方をして欲しいですね。

ピンフ

この動画が気に入ったら

1,950 views
ランダム再生 ランダム再生