研究施設から救ってくれた女性と20年ぶりの再会。チンパンジーの対応に涙。。

再会の瞬間は3分30秒あたり。6年に渡り小さな檻の中に閉じ込められ、太陽の光も浴びれませんでした。肝炎研究用の実験動物だったチンパンジー。ワクチンの開発が完了し、当時大学院生だったコーブナーさんは、ルイジアナ州にチンパンジーの保護施設「チンプ・ヘブン」を設立し、4年間を共に過ごしました。その後チンパンジーたちの野生復帰に尽力し、自然へと還されました。それから20年。再会を果たした彼らは、まるで人間のように目に涙を浮かべ、再会を喜びました。

 

6年の拘束から解放された直後のチンパンジー。ケージから離れようとせず、生気がありません。

スクリーンショット 2016-06-15 11.53.44

20年後、野生に還されたくましく成長したチンパンジー。

スクリーンショット 2016-06-15 11.59.17

笑顔で再会を喜ぶ二人。

スクリーンショット 2016-06-15 12.00.04

自然に帰れて本当に良かった。。しかし、世界にはまだまだ実験動物がたくさんいます。そうした現実に私たちはもっと目を向けるべきかもしれません。

ピンフ

この動画が気に入ったら

6,644 views
ランダム再生 ランダム再生