炎天下の国道沿いで頭を下げるアメリカ人の行列。米兵による女性殺害事件でメディアが報道しない事実とは?

沖縄県うるま市でアメリカ軍の男が、女性会社員の死体遺棄容疑で逮捕され事件で、沖縄での光景をとらえた写真が話題になっています。

国道58号線に立ったアメリカ人たちが「沖縄と共に悲しんでいます」「沖縄のためにお祈りしています」とメッセージが書かれたプラカードを持ち、車が通ると頭を下げていたといいます。

この運動は、沖縄の教会「ネイバーフッドチャーチ沖縄」が主催しました。クリスチャン・シアンコ牧師が、県民と共感する思いを訴えたいと信徒らに呼び掛け、ネット上の告知で知った信徒以外の米軍人なども加わり、約100人が参加したといいます。

マスメディアでは報じられていませんが、こういうこともあるという事実をしっかり報道してほしいものです。

 

65,890 views
ランダム再生 ランダム再生