「もしや認知症、、?!」中学生の少女の機転が83歳女性を救う!!

2016年2月、栃木県足利市の女子中学生が、認知症の83歳の女性を救いました。下校途中に道を尋ねられたのは、高沼アイラさん(当時中学1年生)。認知症サポーター養成講座を受けた経験が「何かおかしい」と気づかさせてくれたといいます。

 

認知症の人の特徴
同じことを何度も繰り返す・疑う。

テレビ番組の内容が理解できない。

約束の日時・場所を間違える。

慣れた道で迷う。

些細なことでイライラ。

周りへの気づかい減少、頑固化

 

なるほど〜。人はそうやって色々なことを忘れてしまうのか。。どうにかならないものですかねぇ。

ピンフ

この動画が気に入ったら

14,973 views
ランダム再生 ランダム再生