世界一貧乏な大統領の衝撃のスピーチ「今、人類が見直すべきこと」

こちらは「世界で最も貧乏な大統領」と言われているホセ・ムヒカ大統領が2012年のリオ会議(環境の未来を決める会議)でのスピーチ。ムヒカ大統領は自分の資産の8割を寄付し、月1000ドルで郊外で質素に暮らしている。人類の生きる意味とは?そして発展の意義とは?

ピンフ

この動画が気に入ったら

1,692 views
ランダム再生 ランダム再生