【感動】95歳の認知症おじいさんがバンドメンバーを募った結果、まさかの展開に!!

第二次世界大戦に従軍した退役軍人のエドワード・ハーディさん。認知症を患った彼は、介護施設に入ったものの、バンド仲間がいなくなり孤独を感じていました。介護施設職員の力を借りて、バンド仲間を募集したところ、イギリス全土から80人以上のミュージシャンから連絡が来ました。そして、最高の奇跡は、35年以上前に連絡が途絶たバンド仲間3人からも連絡きたことです。ハーディさんは、「演奏したくてたまらなかった。久々に演奏できて若返った」と語ったと言います。

ピンフ

この動画が気に入ったら

9,737 views
ランダム再生 ランダム再生