「ほら怖くない、怖くない。」虐待され人間を信じられなくなった犬が再び心を開く瞬間

ルーマニアの動物保護施設に、生まれた時から虐待されていた小型犬が保護されました。プリシラと名付けらたその犬は、人間が手を差し伸べると、恐怖から「叫び」声をあげました。すっかり人間を信じられなくなっていたプリシラですが、今では人間を信用してくれ、元気に走り回っています。

ピンフ

この動画が気に入ったら

11,537 views
ランダム再生 ランダム再生