ガンを告知された18歳の生徒会長。医者の反対を振り切って、どうしても同級生に伝えたかったこと

スマートニュースの方へ。この投稿はスマートモードでは字幕版が出ません。

「生きている限り人生から逃げ出すことはできません。だから、与えられた機会に感謝し、大切にして勇敢に生きて下さい。」

卒業式の1週間前に進行性ガンの一種であるバーキットリンパ腫と診断された、ニュージーランドの男子高校の生徒会長だったジェイク・ベイリー君(18)。このメッセージを同級生に伝えるため、ジェイク君は医師の反対を振り切って、このスピーチに臨んだといいます。クラスメートや友人と協力してスピーチを準備し、車椅子に乗って授賞式に出席しました。

ピンフ

この動画が気に入ったら

1,534 views
ランダム再生 ランダム再生