パリ、テロのあった場所でジョンレノンの「イマジン」を演奏する一人のピアニスト

テロで多くの人が犠牲になったパリのコンサートホールBataclanの前で、事件の翌日ジョン・レノンの平和の歌「イマジン」を演奏するピアニストの男性。ここまで自転車で持ち運び用のピアノを引っ張ってきたといいます。犠牲者へ敬意を込めてこの場所で演奏しています。21世紀になったというのにまだこんな悲しいことが起こっている現実。ジョンレノンさん、人々はあなたの音楽をまだ必要としています。このテロで亡くなったパリの人々のご冥福をお祈りいたします。そして、深く傷ついたパリの人々が1日も早く癒されることをお祈りいたします。

9ポスト編集部

この動画が気に入ったら

14,575 views
ランダム再生 ランダム再生