組み立て開始から19年!「灼熱の人工太陽」世界最大の核融合炉まもなく点火!!

ドイツのマックス・プランク研究所の世界最大のステラレータ型核融合炉「ウェンデルシュタイン7-X (W7-X)」が、点火秒読み段階に入りました。磁場コイルをねじって強力な磁力線のかごを作り、超高温の気体を封じ込めます。幅16メートル、高さ5メートル。重量6トンの磁場コイルが50個ついています。組み立てに110万時間(19年)かかっているとのこと。今月、ドイツの原子力規制機関からようやく点火許可が下ります。これが成功すれば世界のエネルギー事情は大きく塗り替えられることになるでしょう。成功して欲しいです!核融合についてはこちらが詳しいです。

トンプー

この動画が気に入ったら

1,529 views
ランダム再生 ランダム再生