【速報】2015年のノーベル物理学賞は、日本人の梶田隆章さんが受賞!素粒子ニュートリノの質量発見が評価!!

2015年のノーベル物理学賞に、東京大学宇宙線研究所所長の梶田隆章さん(56)が­選ばれました。梶田さんは、物質の基になる最も基本的な粒子のひとつ「ニュートリノ」に質量があることを世界で初めて観測によって証明し、「ニュートリノ」には質量がないと考えられてきたそれまでの素粒子物理学の定説を覆しました。本当に素晴らしいことです。おめでとうございます!!現在はアインシュタインからの最後の宿題と言われ、観測に成功すればこれまたノーベル賞級の成果とさ­れる、重力波観測を世界で初めて達成するための重力波望遠鏡KAGRA(カグラ­)の建設に従事している。

ピンフ

この動画が気に入ったら

400 views
ランダム再生 ランダム再生