globeのKEIKO、くも膜下出血後4年ぶりの肉声メッセージ!マークと小室が5曲を披露!!

3人組ユニット「globe」のデビュー20周年記念イベントが新宿ステーションスク­エアで行われ、ボーカル・KEIKOの肉声が披露された。2011年10月にくも膜下­出血で倒れて以来リハビリを続けているが、本人の音声が公開されるのは初めて。イベントでは、マーク・パンサーのDJプレー­と小室哲哉のキーボード演奏というスタイルで5曲を披露。小室は「暑い夏の真っただ中に、集まってくれてありがとう­。間違いなくKEIKOも喜んでいます」とファンに感謝した。

ピンフ

この動画が気に入ったら

1,885 views
ランダム再生 ランダム再生