交通事故で人を殺してしまった若者が、命がけで償いをした実話から作られた歌、さだまさしの「償い」が心に刺さる

さだまさしの知りあいの女性が、交通事故で夫を亡くし、加害者の男性は毎月お金を送ってきました。彼女は加害者の文字を見るたび、亡き主人を思い出しては辛い思いをするので、「もうお金は送らなくて結構です」と手紙を書きましたが、翌月以降も送金は続けられたのでした。

ピンフ

この動画が気に入ったら

19,637 views
ランダム再生 ランダム再生