もし溺れても生存確率を上げる方法「ウイテマテ(浮いて待て)」。日本発で世界に広がる!!

もし溺れたら、無理に泳がないで、救助が来るまで「浮いて」待ちましょう。東日本大震災の津波から子どもの命を救った実績のある自己救助法で、タイ・スリランカ・ベトナムなど様々な国で「UITEMATE」という日本語で広がっています。【ポイント①】息を大きく吸い込み、顎を上げ、真上を見て呼吸を確保。【ポイント②】手を大きく広げて水面下に。【ポイント③】足は軽く伸ばし、浮き輪代わりに靴は履いたまま。【ポイント④】ペットボトルがあれば、お腹に抱える。以上、この方法で生存確率がぐっと上がります。

ピンフ

この動画が気に入ったら

5,853 views
ランダム再生 ランダム再生