【感動】チャンピオンにまでなったプロサーファーが、失格覚悟で下半身麻痺の男性を背負って波乗り!!

5度のアルゼンチンチャンピオンとなったプロサーファー、マーティン・パセリ。彼がアルゼンティーナサーフチャンピオンシップ大会中にとった行動が話題になっています。背中の男性ニコラスは18歳の時に事故に下半身麻痺になってしまいました。ニコラスは「波に乗りたい」という夢を20年もの間思い描いてきましたが、この日ついにその夢が叶うこととなります。このライディングは失格となってしまいますが、マーティン・パセリは「確かなのは私が負けたわけではないということ。あの波は最高の波であり、自分の人生での最高の勝利だったと信じています。」と述べたといいます。参照サイト

ピンフ

この動画が気に入ったら

8,004 views
ランダム再生 ランダム再生