【感動】留守電に残された亡き妻の声を聞いたおじいさんが号泣する姿にもらい泣き。。

イギリス人のStan Beatonさんは、2003年に奥さんを胃がんで亡くし、留守番電話に残された奥さんの声を心の拠り所に暮らしていました。しかし、大手電話会社「ヴァージン・メディア」が、サービスのアップデートをした際、留守電が消えてしまうアクシデントが発生!おじいさんは意気消沈していました。それを知った「ヴァージン・メディア」は、10人以上のエンジニアを集め、消えた留守電を復元する事に成功しました。この映像は、そのことをおじいさんに伝えた瞬間の映像です。

ピンフ

この動画が気に入ったら

2,954 views
ランダム再生 ランダム再生