「お父さんは嘘つき」。娘の作文に書かれたその言葉の理由とは?涙なしでは見られない感動のショートストーリー

ある日娘が学校の作文コンテストで賞をもらい、お父さんは大喜び。作文には「お父さんは世界一ステキ。ハンサムで賢い私のスーパーマン」と書いてありました。しかし、その先に書いてあったのは「でも、お父さんは嘘つき」という文章。「パパは仕事があると嘘をついている」「お金があるとをついている」「幸せだとをついている」
実はこのお父さんは失業中で、毎日職業安定所に通いながら、過酷な肉体労働をしながら、
ギリギリのところで家計を支えていたのです。娘は全てを知っていたのです。作文の最後は「もっといい人生を送って。愛するパパ」と締めくくられます。子どもの将来にはすべてを犠牲にするほどの価値がある。涙なしでは見られない感動のショートストーリー!

ピンフ

この動画が気に入ったら

8,592 views
ランダム再生 ランダム再生